子供の身長を伸ばすためには、成長ホルモンの分泌を促すアルギニンや亜鉛などの栄養素が欠かせません。

しかし、大部分は栄養として消費されるか、体外へ排出されてしまうため、ある程度の量を継続して摂取する必要があります。

子どもの身長を伸ばすには、カルシウムだけでなくアルギニンや亜鉛などの栄養素が欠かせません。
では、アルギニンや亜鉛は、体の中でどのような役割を果たすのでしょうか。
大量に摂取することで、副作用や健康被害が起きる危険はないのでしょうか。

アルギニンはアミノ酸の一種で、成長ホルモンの分泌を助けたり、免疫力を向上させたりする働きがあります。

アミノ酸には大きく分けて必須アミノ酸と非必須アミノ酸が存在します。

非必須アミノ酸は人間の体内で合成できる種類のアミノ酸です。

一方、必須アミノ酸は人間の体内では合成できないアミノ酸なので、日々の食事から摂取する必要があります。

ただし、アルギニンは大部分が栄養として消費されてしまうため、成長ホルモンの分泌を促すためには、ある程度の量を摂取しなければ効果がありません。
たとえば肉類はアルギニンをはじめとしたアミノ酸が豊富に含まれる代表的な食べ物です。
しかし、1日に必要なアルギニンを摂取するために大量の肉を食べれば、消化器官にも負担がかかってしまいます。
さらに、肉類には脂肪分も多く含まれているので、継続して大量に摂取すれば、肥満を招くおそれがあります。

プラステンアップにはアミノ酸が単独で配合されているため、体に負担をかけるとなく、素早く吸収できます。
プラステンアップ
また、亜鉛も成長ホルモンの分泌を促すうえで重要な栄養素です。
亜鉛を豊富に含む代表的な食べ物として、カキやするめ、たらこなどの魚介類や牛肉などが挙げられます。
ところが、食事から亜鉛を摂取してもほとんどは消費されるか、体外に排出されてしまうので、体内に残るのはほんのわずかです。
そのため、過剰摂取による副作用の心配はほとんどありません。

プラステンアップは亜鉛をはじめとしたミネラルやビタミン類も吸収しやすいよう、特殊製法を用いて製造しています。
中高生の成長をサポートするために栄養バランスや配合量も徹底した処方なので、子供向けの成長応援飲料やサプリよりも高い効果が期待できるというわけです。

しかし、プラステンアップを飲んでいれば、適当な食事をとっていても背が伸びるというわけではありません。
毎日の食事を見直し、栄養バランスを整えることも重要です。
さらに適度な運動や良質な睡眠など、基本的な生活習慣も改善すれば、さらなる効果が期待できるでしょう。
身長を伸ばすためだけではなく、丈夫な体を作るためにも、ぜひ健康的な生活習慣を取り入れてください。

⇒キャンペーン中のプラステンアップをお得に公式サイト