プラステンアップは大人が飲んでも、身長を伸ばす効果は期待できません。ただし、人によっては25歳くらいまで身長が伸びる可能性があります。身長を伸ばすためには食事や睡眠、運動など基本的な生活習慣を見直す必要があります。

プラステンアップで成長
プラステンアップをはじめとした中高生向けの成長応援飲料は、大人になってから飲んでも効果はあるのでしょうか?
基本的に、大人が成長応援飲料やサプリを使っても、身長を伸ばす効果は望めません。

プラステンアップのような成長応援飲料や成長応援サプリには、タンパク質や亜鉛など、成長ホルモンの分泌を促す成分が含まれています。

しかし、成長ホルモンの量が増えたからといって、必ずしも身長が伸びるというわけではありません。

確かに成長ホルモンには新しい細胞の生成を促したり、傷ついた細胞の修復を促したりする働きがあります。

ただし、成長期の子どもの骨には、骨端線という新しい骨が作られるための伸びしろがあります。
骨端線は骨の両端にあたる部分で、ここに新しい骨ができることにより身長が伸びます。
成長ホルモンには新しい骨の生成を促す効果もあるので、成長期の子どもが身長を伸ばすのは、成長ホルモンの分泌が不可欠と言われているんです。
ただし、骨端線は17~18歳頃には閉じてしまうため、大人になってからいくら成長ホルモンの分泌を促しても、身長が劇的に伸びることはありません。
大人になってから身長を伸ばすには手術をするか、骨格のゆがみを直すしか効果的な方法はありません。
では、大学生の場合は、身長を伸ばすことは可能なのでしょうか。
成長期のように爆発的に伸びることはなくても、25歳くらいまでは、ある程度背が伸びる可能性があります。
身長を伸ばすために必要な要素は、基本的に成長期と同じです。
栄養バランスの良い食事と質の良い睡眠をとり、なるべく疲れやストレスを溜めないよう心がけましょう。
特に食事は、意識しないとすぐに栄養バランスが乱れてしまいます。
骨や筋肉などを作るために必要なタンパク質やカルシウム、マグネシウム、ビタミンや亜鉛を積極的にとってください。

1日3食しっかりと食べるのが理想的ですが、十分な食事をとるのが難しい場合は、プラステンアップのような成長応援飲料を取り入れるのもひとつの方法です。

また、成長ホルモンは睡眠中にもっとも多く分泌されます。
毎日最低でも7時間は睡眠時間を確保するよう心がけましょう。

適度な運動も、成長ホルモンの分泌を促すのに効果的です。
ストレスを解消しながら、睡眠の質を上げる効果も期待できます。
しかし、身長を伸ばすための生活を実践しても、数日~数週間で効果が出るとは限りません。
焦らず地道に生活習慣の改善に取り組みましょう。⇒プラステンアップをお得に公式サイトでGET