プラステンアップを飲むタイミングは、厳密に指定されているわけではありません。ただし、より効果的を引き出すためには、夕食後から就寝2時間前を目安に飲むことをおすすめします。水や牛乳の量はお好みで調節が可能です。

プラステンアップの効果を最大限に引き出すには、どんなコツがあるのでしょうか。
飲むタイミングや水の量が効果に影響することはあるのでしょうか。
プラステンアップは医薬品ではないので、飲むタイミングは厳密には指定されていません。
1日1杯を目安に飲めば、いつ飲んでも問題はありません。

しかし、効果を発揮しやすい時間帯はあります。

おすすめなのは夕食後から就寝2時間前までの間です。
就寝中は成長ホルモンがもっとも多く分泌されます。
成長ホルモンは新しい骨の生成を促したり、細胞分裂を促進したりするために欠かせません。
十分な睡眠がとれないと成長ホルモンの分泌量も減少し、身長が伸び悩んでしまう可能性があります。
プラステンアップにも、アルギニンや亜鉛など成長ホルモンの分泌を促進する成分が配合されています。
そのため、就寝のタイミングに合わせて摂取すれば、相乗効果で成長ホルモンの量が増えるというわけです。

ただし、寝る直前に飲むのは避けてください。

寝る直前にプラステンアップを飲んでしまうと、せっかく取り入れた栄養素を吸収しきれないまま眠ることになってしまいます。
体の中に未消化の食べ物や栄養分が残った状態で寝てしまうと、睡眠中も内臓は消化吸収のために働き続けなければいけません。
すると、睡眠の質が低下したり、疲労を蓄積してしまったりするおそれがあります。
寝る前にプラステンアップの成分をきちんと吸収できるよう、タイミングを調節しながら飲むことをおすすめします。

プラステンアップは水や牛乳に溶かして飲むこともできますが、ヨーグルトやジュースに混ぜても問題はありません。
粉っぽさが気になる場合は、温めた牛乳やお湯に入れると溶けやすくなります。
水の量が多くても少なくても、効果に影響はないので安心してください。
プラステンアップ 水
プラステンアップはさっぱりとしたレモン味なので、甘いものが苦手な子どもにもおすすめです。
味やニオイに強いくせがないかわりに、人によっては薄味に感じることがあります。
味を濃くしたいときには、少し水の量を少なめにしてみましょう。
プラステンアップを多めに入れても味を調節できますが、コスパの面ではあまり良くないので、水の量を調整することをおすすめします。

ちなみに、プラステンアップの量を増やしても、それだけ効果が出やすくなるというということはありません。
1回あたりの摂取量よりも、毎日続けて飲むことが重要です。
毎日無理なく飲めるよう、楽しみながら工夫してみましょう。
⇒プラステンアップをお得に公式サイトでGET