「プラステンアップを飲んでも中学生のうちじゃなきゃ手遅れ。」
「もう高校3年生だし背は伸びないかな・・・」

不安になる気持ちも分かりますが、プラステンアップを高校生から飲み始めても遅くはありません。まだ間に合うんです。

中学生までが身長の伸びる力のピークという話があるのは間違いありません。実際、男子であれば15歳(中学3年)・女子は13歳(中学1年)までが身長が伸びやすいとされています。

ただ勘違いされるといけないのは、中学生までが“伸びやすい”というだけで、中学生以降は“止まる”とは言ってません。

実際に「25歳まで身長が伸びました」、もしくは「今も少しずつ伸びてます」。なんて人がいるのも事実です。男性なら25歳前後。女性でも17・18歳くらいまでは背が伸びています。

【高校生だからプラステンアップを飲んでも手遅れ】なんてことは一切ないのです。

→お母さんたちの満足度は?気になる答えはこちら

プラステンアップを飲んでいる高校生のお母さまで、気になる体験談があったので掲載しておきますね。

高校生の母|プラステンアップを飲んで

うちの子は周りのことはちょっと違います。平均的な男の子よりも一回り小さい体格をしているんです。なぜなら、わけあって入院生活が長かったから。

子供の成長って、栄養や睡眠だけでなく「運動」も必要なんです。体を動かすことで適度な刺激を与えなくてはいけません。とはいえ普通に生活していれば問題ないんでけどね。

こんなわけで息子は小柄な男の子でした。ただ、どこかに異常があるとか病気だとかいうわけでもないようで、先生からも「焦らずに見守ることですね」と言われるにとどまっています。

学校でも整列すれば必ず先頭というポジションで、今までも身長を伸ばす方法を模索してきました。整体に通わせてみたりしていたことも。息子も不安だったようで、いろいろなサプリや補助食品を探していたようです。過去に数種類試したものもありましたが、劇的に伸びるわけでもなく諦めていました。

プラステンアップを飲んで変わったのは、直接的に「背が伸びた!」ではなく“食事の摂る量が増えた”ということ。

しっかり習慣化していて私が用意しなくても自分で出して飲んでいたので、親としてはうれしい限りです。本人も何かしらの変化を感じていたんだと思います。

うちの子は過去に長期の入院をしていて、背の小さい理由も特殊ですがどんな子だって体に合っているものが必ずあるはずです。「身長は何をやっても伸びない」なんてあきらめずに、お子さんの成長を応援してあげてください。

子供が「前から3番目になったよ~!」と笑顔で帰ってきたとき、本当によかったと感動したのを覚えています。

このお話、ちょっと私まで感動しちゃいました。子供の成長する力ってすごいんだな~って思ったんです。子供自身がもつ力を、ちょっと後押ししてあげることしかできませんが、ちょっとの後押しで大きな変化をもたらしてくれるとしたら。

やっぱり私はプラステンアップを飲ませてあげてて正解だな^^
って思えました。

12歳を過ぎたら中高生専用の成長サプリでサポートが必要です!

⇒プラステンアップで子供を応援|公式サイトはこちら

【知って得する情報】より効果を実感できる飲み方

プラステンアップ 効果的な飲み方

プラステンアップは医薬品ではない、栄養補助食品なので用量・用法が決まっていません。

こうやって飲むと効果があるということもないので、1日1杯を目安に飲んでくださいとのこと。

とは言え、もしより効果的な飲み方や飲むタイミングが存在するなら知りたいと思ってしまいます。

成長期が来ているのか、もっと成長できるはずなのに...と悩んでいるからこそプラステンアップを飲み始めているわけですから、より効果的な飲み方があるなら知っておきたいというのが本音です。

より効果を実感できる飲み方は本当にあるのか調べてみた結果、成長ホルモンとの関係性から飲むタイミングが重要なことが分かりました。

成長に欠かせないのは、睡眠・運動・栄養の3つです。
この3つのどれも欠けない方が成長ホルモンの分泌がより促進されてます。

「夕食後から寝る2時間前までに飲む」というタイミングは睡眠と成長ホルモンの関係性から算出されたものです。

あくまでも大きく育つ可能性が高くなるもので絶対ではありません。
しかし成長ホルモンの分泌を知れば納得できるタイミングである事は確かです。

成長ホルモンの分泌は22時から2時までの間が最も多く分泌されていると言われていますが、実はこれは間違いで最初の深い睡眠(ノンレム睡眠)に入った時が最も成長ホルモンが分泌されているという結果が出ています。

だから夕食後から寝る2時間前までに飲むと、ノンレム睡眠に差しかかる可能性が高いということで吸収率も高まります。

睡眠の質を上げるためにも、プラステンアップを飲んだ後はスマホをチェックしたりゲームをするのではなく質の良い睡眠へ向かう準備をして欲しいです。

22時から2時までが成長ホルモンの分泌が多くなるのではなく、最初のノンレム睡眠で最も成長ホルモンが分泌されるということ。

この研究結果から考えると「夕食後から寝る2時間前までに飲む」というタイミングが良いということになります。

プラステンアップには睡眠の質を高めるクワンソウ配合

プラステンアップが他社の成長サプリと違うのは、眠りのことも考えて休息ハーブと言われている「クワンソウ」を配合している事。

クワンソウとは昔から沖縄で食べられている伝統野菜で庭先や畑などで栽培されていることも多く、眠れない時に食べる「眠り草」として親しまれているとのこと。

とは言え、その睡眠効果が科学的に実証されたのは最近のことのようで、睡眠に関係ある特殊なアミノ酸が極めて多く含まれていることが発見されています。

最近はスマホでLINEやSNSを扱う時間が増えている子供たちも多くなり質の良い睡眠を取れていない子供が増えています。

プラステンアップ クワンソウ

クワンソウは中高生の成長に関わる直接的な成分ではありませんが、成長ホルモンの分泌に大きく関わる睡眠の質を上げるための成分も配合されている。

このような細かい配慮があるからこそプラステンアップを飲み続けた結果、成長を実感できる子供たちが増えているのでしょう。

成長に必要不可欠な「睡眠・運動・栄養」の栄養をサポートしているがプラステンアップと思い込んでいましたが、実は睡眠にも深くかかわる成分が配合されていたのですね。

他社の成長サプリとの違いは細かい気配りもあるのでしょう。

⇒保証付き!気軽に試せる公式サイトへ